定め菜食ポリシーで、肉は栄養取り入れの食べにそれなりに食べていたものの、格別に好みと言うほどではありませんでした。
ところが今日、さんざっぱら肉が食べたくて仕方ないんです。
そもそもの契機は、初春に貧血気味になり、鉄分取り入れで赤身肉を食べないとなあと願い、何度か牛や豚の赤身肉を食べたことです。
それが凄く美味しく感じて、貧血が解消されてからもなんだか振る舞いいるごとに食べたくなるように。
しかも、薄切り肉じゃダメなんです。ステーキのような厚切りをかぶりつかないと魅力できません。
ステーキ、厳しいじゃないですか。そう簡単には食べられませんよ。
そこで、焼肉用のまだまだ厚切り肉で、グラム総額は厳しいけど一寸プランで500円以内ぐらいの牛肉を買ってきて、家で焼いて食べている。
それならほぼ耳より壮観ぐらいの消費で済みますから。
まず週間に1〜2回そんな感じで肉を食べれば何とか満たされるかあなあという感じです。
それにしてもなんでそれだけ肉食べたい症候群に陥ってしまったのやら。
そして何時になったらこういう症候群が治まるのでしょうね。あてもつきません。酵素水ランキング

NiP vs OpTic戦は波乱の開幕となった。
1Map眼のcobblestoneでピストルラウンドを制したOpTicは完全開設を見せ、不一致を詰めようと講じるNiPをシャットアウト。
NiPお隣もときおり奪い返すも、次のラウンドに結び付けることができずに3-16という一方的スコアで敗北する。

2map眼のoverpassでは一転してNiPの一方的戦いに。
当初は本当に死角を見せずに13-2と1map眼とは正反対の開設にし、球場のOpTicモードを一掃した。
16-2で戦いを取り、戦いを無心に戻し止め絵図へ。

止めmapのtrainはそれまでとの開設とは一転、お互いに譲らない接戦となった。
NiPがピストルラウンドを纏めるものの、楽に奪い返し、絵図の優位を利用して先導やるOpTic。
一進一退のやり取りが続き、6-9で折り返す。
後半の1stラウンドを売るNiPだが、OpTicも当初のお返しとばかりにすかさず奪い返す。
だがfribergのスーパープレイも飛びだし、不一致を同時に集めるNiP。
長所が消えたOpTicだったが、重要なラウンドでなんとか踏みとどまりNiPを追い詰める。
いよいよ1ラウンドを取り戻すも、一部先導され財的にも凄いクラスを救ったのはf0restだった。
MAG-7でのクアッドキル、どんどん次のラウンドでも3キルを叩きだし、2ラウンドで$10000以来を稼ぎ財一部分の不安を一気に輻射。
娯楽を決めに行くOpTicだったがエコラウンドを回避したNiPが逆転し、16-14でゲームセット。接戦を見事にものにした。お腹 肉