ネットに面白いコラムが紹介されていました。
日本のロリータファッションが大好きで来日してしまった中国人女性の話です。
彼女が衝撃を受けたのは、日本がロリータファッションの聖地なのにロリータの子が少なかったことだそうです。
ロリータの子がいたと思ったら外国人だったり、意外とロリータ服で歩いている女の子がいなかったことにショックを受けたみたいですね。
昔と比べるとロリータ系のブランドも少なくなって来ていますし、確かに着ている子は減って来ていることは間違いないでしょう。
私は田舎に住んでいるので東京のことは分かりませんが、テレビなんかを見ていてもロリータ服で歩いている子は見かけません。
彼女はロリータさんが少なくなったのは経済的に苦しくなったり結婚して家庭に入ってしまったりなどして世代交代に失敗しているということを指摘しています。
ロリータ服がもっとリーズナブルな価格で手に入るようになればもっと盛り上がると思うんですけどね。